ツバメが帰って来てくれました





今年もツバメが帰ってきてくれました。

ツバメはかなりの確率で元の巣に

戻ってきてくれるそうです。

大海を渡り、ひと回りもふた回りも

たくましくなった姿で帰ってきてくれて

喜びもひとしおです。

とりあえず、ゆっくりと休んでほしいです。


スポンサーサイト
[ 2017/03/30 18:17 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

浄土はこんな感じかも



桜の蕾がだいぶ膨らんできました。



新芽も芽吹きだし



隣の神社の木蓮の花



畦道のホトケノザ



そして、沈丁花の花も咲き出しました。

いい香りです。

もう一気にいろんな花が咲き出しました。

…仏の世界(浄土)では、色んな色の蓮の花が咲いていて

良い香の香りが漂い、心地よい歌が流れているそうです。

今は、色んな形、色の花が咲き、こうした沈丁花や

参拝者の方が薫じた香の良い香りが漂い

野鳥の心地よい囀りやお遍路さんのお経が聞こえ

何となく浄土とはこんな感じを言うのかなぁと

感じる次第であります。

[ 2017/03/29 13:16 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

つくしを頂きました





近所の方から、袋いっぱいのつくしを頂きました。

春ですねぇ。

春の大地の恵みを頂きたいと思います。

[ 2017/03/26 21:56 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

沈丁花の花が咲き出しました



沈丁花の花が咲き出しました。

「自然界の線香」と言われるようにいい香りがします。

五感に訴えるものは我々を惑わすものでもありますが

反対に悟りに導くものでもあります。

「信は荘厳から」と申しますように

見た目もとても大事なのです。

全ての煩悩を否定する事は、同時に豊かさを

失わせます。

豊かさとは多様性であります。

我々は皆それぞれ仏であり、これと言う唯一の

正解はありません。

もちろん、無秩序と多様性は違いますが

煩悩を全てを否定する事は、希少な花の芽も

積むことになるのです。

生きとし生ける全ての衆生の命が輝く

そんな曼荼羅の様な世界が広がるといいですね。

[ 2017/03/23 21:15 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

大城冠の花が咲き出しました



大城冠の花が咲き出しました。



蕾がまだこんなにたくさんあります。

花が咲いていないといことは、言い換えればまだまだ

それだけ可能性があるということでしょうね。

叶わない物、手にまだいれれない物があるということは

ある意味では楽しみもあるということでしょう。

全てが手に入って、思いのままなんてあり得ないでしょうが

でももし、そうなったら本当に幸福になるのでしょうか?

「宝は道心」と申しますように結果は大事ですけど

それまでの過程に醍醐味があるのでしょう。

[ 2017/03/21 10:40 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)