FC2ブログ








生きているのではなく、生かされている

生きているのではなく、生かされている



この時期参拝者の方が「桜が咲いてる!!」と驚かれます。

今年も人気者の四季桜です。

さて、我々は「生きている」という意識がありますが、実際は「生かされている」のです。

「そんなことない、自分一人で生きているよ」と思われる方もいると思いますが、ありえません。

その証拠に、必ず我々は死んでいくではありませんか。

自分で生きているというなら、どうしてそれを避ける事が出来ないのでしょうか?

それは無常だからです。

例え、生きたくても、無常による老病死が襲い掛かり、命を奪われてしまいます。

自分で「生きている」と思うのは、傲慢で大きな勘違いなのです。

そして、こうして我々が生かされているのは、何かの命が犠牲になったり、様々な命に尽くされているからです。

「感謝」というのは、自分がこうした様々命の上に存在しているんだという、「懺悔」の念から来るのです。

前も申しましたが、懺悔と感謝はワンセットです。

ありがたく感じない、感謝できないって事は、自分がどれだけの命に尽くされているか、全然知らない証拠であります。

そして、この懺悔の心があるからこそ、何事もありがたく享受できるのです。

つまり、「生かされていると感じれない」人生に幸福はありえないとも言えますね。

その為には、如何に自分が尽くされ生きているのか、よくよく観じてみましょう。

スポンサーサイト



[ 2014/10/17 11:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)