空だから本来善いも悪いもない

空だから本来善いも悪いもない



裏庭の正月の花千両が咲き出しました。

もうすぐ冬と言うか正月ですね。

鳥に食べられない様にネットを被せなくては。

さて、我々は善い事が起きた、悪い事が起きたと、物事をすぐに善悪分け隔てしようとします。

しかし、元々この世は空の世界で、善いも悪いも本来ないのです。

それなのに、これは「悪」これは「善い」と決めつける事により、「善い事」だけを欲する様になり

視野が狭くなってしまいます。

それでは、善い事だけ望もうと、つまりありもしない物に執着すればするほど苦しくなり

物事を正しく見る事が出来なくなり、結果的に、その人の言う善い事は遠のいて行くのです。

例えば、若くして成功しても、それに慢心してしまい結果的に大借金をしてしまった。

となれば、その若くしての成功は善い事だけでもないわけです。

慢心を生み、道心を失い、無常の風に煽られてしまい、結果として惨事に見舞われてしまったのです。

もう一つ例としては、若くして病にかかってしまったが、その病にかかった事によって

生きる事が如何に尊いかという事に気付き、以後様々な物に感謝して生きて行けるようになった。

病にかかる事は一般的には悪い事ですが、それを転換して結果的には幸福になったのです。

感謝できない人生は、何しても満たされませんから、そんな人は「もっともっと」と欲望を膨らまさせ

いつかは膨れ上がりすぎて、パチンとはじける事でしょう。

冒頭でも申しましたが、この世は空で、全ては実体が無いのです。

従って、物事を如何に捉えるかによって、その後の人生変わっていくのです。

「人生は○○でなければいけない」「○○しなければ幸せになれない」という決めつけが世間では

お題目の様に唱えられていますが、それはある人の価値観で、それが必ず正解ではないのです。

物事を早々に善悪という単純な二択で決めつけるのではなく、視点を変えてみる事が大切になるのです。

例えば、おみくじで「大吉」を引いたり、星祭で運勢の「いい星」に当たったとします。

「やったー!!今年は何してもうまく行くー!!」と有頂天になり、心が上がってしまうと

物事を冷静に見る事が出来ず、判断をあやまり、とんだ惨事に見舞われるなんて事は

よくあるわけです。

逆に、大凶や運勢の星に当たっても、それにめげずに「よし!いつも以上に気を付けようと」

心構えすれば、無事に過ごすことが出来るのです。

善悪は表裏一体で、反対からの視点で見れば、全然違った顔を覗かすのです。

従って、吉で「やったー」と真に受けるのではなく「幸先いいけど浮かれずに気を付けよう」と

心の点検をする事が大切になるのです。

その為には常日頃から法を拠り所としなければなりません。

法は上がったり下がったりするものではなく、普遍的なものであります。

つまり、法以外の物を拠り所とすると、安心は得られないのです。

何故なら、無常だからです。

人や物はいずれは必ず滅するものであります。

お金や株も景気や国の情勢によっては大きく変動するものです。

そんな不安定な物を拠り所とするなんて実は危険すぎるのです。

法を拠り所とすれば、おみくじや星祭で一般的に悪い結果を引いたり

災厄に見舞われた際にも、冷静に視点を変えて、その現象を福に転ずる事が出来るのです。

スポンサーサイト
[ 2014/11/05 14:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ookusajiouji.blog.fc2.com/tb.php/1015-b5b7f399