偉大な人は…

偉大な人は…



毎年岐阜の信者様から富有柿を頂きます。

とろっと柔らかく、「柿の王様」と言われるだけの事があって、濃厚な甘味が

我々を幸せな気持ちにさせてくれます。

さて、「偉大な人」って意味をどのように解釈しますか?

様々な実績を積みとても偉い人でしょうか?何か凄みを放つオーラを放つ人の事でしょうか?

勿論、それも偉大な人ですよね。

すごいなぁと思うのですが、ただ私感ですが、そうした人ちょっと苦手です。

どこか近寄りがたく、何かすぐに怒られそうな気がして。

では本来偉大な人は近寄りがたいのでしょうか?

そうではないはずです。

我々のそばに、もっとも「大いなる存在」がいるではないですか。

それは仏様です。

仏様は偉大なお方ですが、優しい顔をして誰もを受け入れ、誰にも寄り添ってくれる尊いお方です。

その人その人に合わせ姿を変え、我々を優しくそして時には厳しく、覚してくださるのです。

仏教には「和光同塵(わこうどうじん)」と言う言葉があり、あまりにも神々しい姿だと、

人々は自信を無くしてしまい近寄りにくくなるのです。

従って、その光を抑えて泥や塵にまみれた世間に、自ら混じり我々を救済するのです。

近寄れない偉大な人と、自ら泥に塗れながらも傍に寄り添ってくれる偉大な人、どちらが

より偉大なのでしょうか?

言わずともわかりますよね?

時代劇の「水戸黄門」などは正にそうですよね。

普段はひげを生やしたニコニコしたご隠居さんですが、困っている人に遭遇すれば、

本来の副将軍、水戸光圀公に戻り悪を成敗する。

弘法大師空海様も、自分の身を粉にして我々を一人残らず救済すると、虚空に同化し

今も尚その尊い行いを続けられているのです。

どちらも、とてつもなく偉大な人ですが、人々に「ご隠居さん」「弘法さん」と親しまれているのです。

「偉大な人」とは大きい小さいという事だけでなく、謙虚でこうした「宇宙いっぱいに広がる心」を

持った人の事を言うんでしょうね。

スポンサーサイト
[ 2014/12/01 10:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ookusajiouji.blog.fc2.com/tb.php/1037-68847f09