本屋の中にカフェ?

本屋の中にカフェ?



駐車場のミモザが黄色くなって来ました。

けばけばしくなく品のいい花です。

さて、先日本屋に言ったのですが従来の本屋とちょっと違っています。

本屋の横と言うか中にカフェがあり食事も取れます。

そして、隣にはレンタルビデオ屋があり、カメラの現像も出来て、文房具、事務用品も

置いてあります。

さらにその隣には、漫画喫茶もあり正に複合店です。

中にしばらくいると、皆さん立ち読みしまくりで、

立ち読みどころかご丁寧に椅子が用意されていて、皆さん座ってじっくりと読まれています。

隣のカフェでは、本屋で本を買った人らしき人がコーヒーとパンを食べながら

本をじっくりと読んで楽しんでおられました。

なんというか本当に、いい雰囲気でした。

本を気前よく読んでもらい、気に入ったら買ってもらい、カフェでコーヒーを飲みながら本を楽しむ。

合理的でなおかつ効率がいいですね。

本だけだと、どうしても品揃えとかなって価格競争となってしまいますが

アマゾンと違うのは、実際に本を手にとって見れることですね。

そこで、読んで「あっこれゆっくり読みたい」となったら購入しますよね。

読みたい本は、すぐに読みたいですからね。

となりにカフェがあれば、そこで隣の本屋で買った本をコーヒーを飲みながら優雅に楽しめます。

それで思ったのは来店している人は、目的の本があって来ている人は少ないんと思うのです。

つまり、「この本屋に来ること」が目的になっているのです。

「場」に価値があるのです。

やっぱりアマゾンで本を探すよりも、実際に手にとって探したほうがわかりやすいですし

またその時間も楽しいのです。

当然店内はお客さんが多いです。

この本屋は本を売る事ではなく、本を読む場を提供しているのですね。

ネットが浸透していくと、こうした個性的な本屋が生まれるんだなぁと感じました。

普通を脱却し「方便」や「場」を売りにした物は人から選ばれるんですね。

スポンサーサイト
[ 2015/01/15 09:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ookusajiouji.blog.fc2.com/tb.php/1076-cc82fbb8