自分がされて嬉しかったことを

自分がされて嬉しかったことを



寒緋桜のつぼみが徐々に膨らんで来ました。

今日は節分で、明日から暦の上で春です。

まだまだ、寒い日が続くであろうし、実感はしにくいですが小さい春を

探しながら楽しみましょう。

さて、人の役に立つ事、喜ぶことをする事、が大切と言っても、非常に難しいです。

「じゃあ私の喜ぶ事をして下さい」と全然知らない人に言われても、その人が何が好きかという情報が

無い限り喜ばすことは無理です。

だからといって喜ばす、楽しますという事そのものを諦めるのではなく

自分自身が実際に体験して、嬉しかったことや、楽しかったことを、そっくりそのまま

人に提供すれば良いのです。

なんて言っても自分が体解(たいげ)して得た情報ですからこれほど確かな事はありません。

従って、供養することがとても大切になるのです。

供養とは「おもてなし」であり、他を思いやり行動することであります。

それを受けた人は、そのおもてなしを受けた体験をするのですから

人が喜ぶにはどうしたら良いか、情報が体内に保存されているので

それを実践しやすいのです。

じゃあ供養されることを待とうとするのではなく、自分からも供養することが大切なのです。

仏教には「相互供養」という言葉があり、供養は実はする方も供養されているのです。

しかし、相手をおもてなしをすることが、どれだけ自分が幸せになるのか、これは実際に行った人でしか

わかりません。

良い社会にしたい世の中にしたいと心から思うのであれば、自ら供養しましょう。

それが自身の供養にもなるし、例えその行動行為の実りが自分自身に帰って来なくても

世の中に還元されて行けば、巡り巡って互いに思い合える世界になるのです。

スポンサーサイト
[ 2015/02/03 10:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ookusajiouji.blog.fc2.com/tb.php/1089-996e3220