FC2ブログ








全ては夢のよう…

全ては夢のよう…



ハマボウは青空の下が似合います。

綺麗な花ですね。



しかし、ハマボウは一日花で、夕方になればすぐ萎れてしまいます。

儚い夢のようです。

こうしたハマボウの花を見ると、人生も儚い夢なんだなぁと思い起こされます。

どんなに美しくてもいつかはシオシオに萎れていき、どんなに蓄財をしようと

その夢から醒めたら全く無意味になります。

しかし、我々は花に比べれば寿命が長いので、そうした物に執着して苦にまみれ

時間を消費するのです。

長いか短いかの差ですが、見方を変えれば長く生きるという事は、それだけ多く他の命を奪う事に

なるのです。

つまり、この世で長く命が宿る我々人は「懺悔(感謝)」をしなければなりません。

その為には自分の存在は周りの縁によってできているだけで本来「無我」であると自覚がなければなりません。

従って、「無我」であると自覚があるなら「すべきこと」の中から「出来ること」でその中で「好きなこと」で

他に尽くさなければなりません。

そうすれば、生きながらにこの世界に流れる真理に溶け込んでいき、苦を超えて

永久の安心が得れるのです。

全ては夢の中なのですから、どうでもいい執着は捨て、苦を乗り越え楽岸に至りましょう。

スポンサーサイト
[ 2015/07/14 09:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)