多分こんな感じだと思う…

多分こんな感じだと思う…



本日はお彼岸お中日で当山の施餓鬼会でした。

檀信徒の皆様方で、餓鬼の供養を致しました。

天候も良く、暑さ寒さも彼岸までと申しますように、時折心地の良い風が堂内に入って来て

秋の訪れを確かなものにしてくれました。

…「仏の世界」とはどんな様子か?

一言で言うと、本日の施餓鬼法要の様子がそうではないでしょうか?

僧侶のによる心地の良いお経が聞こえてきて、鐘や鈸の音色が鳴り、香の良い匂いが漂い

皆が寄り添う、そんな世界だと思うのです。

そこには、救われない存在、無縁の存在はいません。

仏様がそんな事を許すはずもありません。

施餓鬼とはこの世から供養を受けられない仏様の事を言い

それを我々が御供養致します。

そして、その尊い姿を見ているご先祖様が喜ばれる、つまり施餓鬼という行いは

ご先祖様の供養にもなるのです。

この様子を浄土と言わずして何と言いましょう?

ただ、一人で行う事も大切ですが、こうして集まって行う事で更に功徳がますように思います。

そこで重要なのが「法要」です。

法要とは仏法の肝要を知るという意味があります。

つまり、仏法の真髄と言うのがその行い、方便の中にあるという事を

実際に行って「知る」事が大切になるのです。

こうして、皆で施餓鬼という仏の行為を体験する事によって、皆がこの行いを

通じて仏法とはどんなものか知る事ができるのです。

…お彼岸は、迷いの世界から、仏の世界へ渡る期間であります。

一人で渡れた人も凄いですが、皆で渡るに越したことはありません。

そして、大勢を渡らす為には、間違いなくこの「法要」が肝心になると思うのです。

地蔵寺はこの施餓鬼法要の最中だけかもしれませんが、皆で少し渡れた気がします。

取りあえず、仏の世界とはどんなものか知ったのではないでしょうか?

この体験を日常生活に活かして、普段もこうした施餓鬼の心を保ち続けたいですね。

本日ご参会くださいました皆様ありがとうございました。

スポンサーサイト
[ 2015/09/23 18:34 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)