無農薬

fc2blog_20151026010843706.jpg

参拝者の方から柿を頂きました。

時のものですね。

自宅の柿の木から採れたそうで、無農薬だそうです。

無農薬はいいですね。

…消毒されたり、農薬をかけられるのは、何も野菜だけではありません。

我々人間も知らず知らずのうちに、消毒されたり、農薬をかけられているのです。

もちろん、本当の農薬ではありません、じゃあ何かというと、「○○でなければならない」

「○○でないと不幸」「○○できなければ不出来」などという、常識や道徳や、情報で

我々は、しっかり消毒されているのです。

そうした、消毒液を浴び、「みんなと違う」「自分はダメだ」「自分は不幸だ」などと卑下し

自身の命を育めず、摘んでしまうのです。

基本的に、法律を起こさないかぎり、後回りに迷惑かけないかぎり、「○○しなければならない」

と言う縛りはないのです。

「ありのまんま」でいいのです。

何故なら、それぞれ違うのだから、違って当たり前なのです。

それを唯一の正道は「これだ!」と断言することこそ、邪道なのです。

反対に全部一緒の形や色の物は反対に何かあるな、と思ったほうがいいですね。

とても不自然ですよね。

…そこで、毒された我々の解毒剤になるのが、仏の光なのです。

この、仏の光は、常識や道徳という雲をすり抜け、我々に降り注ぐのです。

御存知の通り、仏の光とは、命を育む光であります。

我々に本来備わっている、他に尽くすための方便を育んでくれるのです。

「○○でなければならない」ではなく「○○では無いけれども、自分は○○はできるぞ!」と

命がピョンと芽吹くのです。

それが本来我々に備わっている色(個性)なのです。

それを一色単に塗り替えようと、すること自体、傲慢で野蛮な行為なのです。

こうした、本来備わっていないといけない、智慧が備わらない以上

知識を詰め込んでも、お金を持っても、争いはなくならないのです。

「いじめはいけません」という大人が「○○でなければ駄目だ」という偏見や差別をして

いじめをしているのだから、いじめはなくなるはずがないのです。

ナイフや、銃でないだけで、そうした情報によって傷つけ、時には命を奪っているのです。

それを、知らずに行っていることが、一番の問題ですが。

何が問題かわかりもしないで、何かを悪にしたて、それを懲らしめる正義の戦士。

根本がずれていれば、永遠に悪が作られ、それと戦う正義の味方が生まれるのです。

ですから、そうした修羅同士が戦う、地獄から脱却するためには

仏法を拠り所として、抜け出すことですね。

その戦いは割に合いません。

スポンサーサイト
[ 2015/10/26 14:18 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)