芝が枯れてきました



芝生もだいぶ枯れてきました。

芝は冬場の間は枯れていきます。

もう本格的な冬の到来でしょうかね。

境内の木々もどんどん葉が落ちてまいります。

少し寂しくも感じますが、こうした四季の移ろいが

我々の日本人の感性を磨かせてきたとも思うのです。

人は、笑い、喜び、狂乱するだけでは、心は磨かれないのだと思うのです。

だから、修行が大事になるのでしょうね。

どうしても、目を背けたくなる無常という真理に逃げずに真摯に向き合い

その中(苦海)で見つけた方便こそ、我々の真実であり

本当の幸福なのでしょう。

こうして、葉が落ちて無くなっていく寂しい様子の中に、大切な仏の教えが「有る」のです。

「無い」の中に本当の姿が「有る」ということでしょう。

しかし、我々は有るの中に幸せがあると思い込んでいるのが実情です。

ただ、それでは満たされる事は永遠に無いでしょう。

そうした、渇愛は肥大していき、満たされることはありません。

「春は花夏ほととぎす秋は月冬雪さえて涼しかりけり」

これは道元禅師の有名な言葉ですが、これだけだと意味は何の事だと思われるでしょうが

目の前に広がる悟りの相(すがた)をそのまんま読まれたのです。

つまり、悟りは今目の前に広がっているのです、そして広がっていないといけないのです。

文明が進み、何かがどんどん便利になり、我々の生活はある意味では豊かになりますが

それ(文明の発展)が=悟りではないのです。

ですから、すでに悟った状態から始めないと、何かが「悪いから」と何かを得ます。

しかし、得るということは同時に、何かを失うですからまた、何かを得ようとします。

しかし、また何かを得ても失うのでこのどうしようもない、イタチごっこの様な呪縛からは

逃れることができません。

同時に、心も穏やかに無くなりますので、迷いの世界にはまっていくのです。

だから、すでに我々は悟りの人である(幸せである)ということ、忘れてはならないのです。

それを教えでくれるのが、自然(仏)なんでしょう。

仏の教えは言葉や文字では本当の理解は得られず、身を持って体験することによって

味わえるのです。

静寂に包まれる晩秋は、いろんなことを感じさせてくれますね。

しかも、この御仏の講義は無料ですので、これほどありがたい事は無いですね。
スポンサーサイト
[ 2015/11/21 13:02 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)