五濁の世でも…



来年の節分祭へ向けて奉賛会の会議を行いました。

地域の人が如何に楽しんでもらえるか話し合いました。

…基本的に仕事は自分以外の誰かの為に仕事をしています。

自分以外の利益に貢献して、そこで金銭や物と交換がなされ

仕事が成り立ちます。

これが資本主義の世界の相(すがた)であります。

…しかし、こうした奉賛会の活動は、こうした資本主義の価値観から言ったら

理解できないでしょう。

実際行う人はなんの見返りもなく行うのですから。

せいぜい、みんなが喜んでくれたらという位のものでしょう。

しかも、大変な仕事であります。

それでも、地域の為にと行う皆様の姿にただただ頭が下がる思い出あります。

…「この世は金が全てだ」と言い切る人がいますが、それは当てはまらないと思います。

「地域の人が喜ぶ為」と実際にこうして、存在してるのですから。

原動力はその「思い」だけであります。

この資本主義の価値観が蔓延し、それに支配された世界でこうした活動する姿は

泥中の蓮を思い浮かべます。

今確かに、戦争や天災など(劫濁 こうじょく)発生したり、偏った考えが

蔓延して息苦しくなったり(見濁 けんじょく)、利便性を追求するあまり体に悪い食べ物が

広まって人々の命を脅かされたり(命濁 みょうじょく)、自分の為だけに動いて心が痛む事件が横行したり

(煩悩濁 ぼんのうじょく)して、その濁流に我々の心が傷つき、その結果我々の士気が下がる(衆生濁)という

五濁が渦巻く苦の世界かもしれません。

しかし、こうした「人の喜ぶ為」という思いが少しでもあれば、濁流の上でも

花が咲くことができるのです。

そして、蓮の花は花果同時と申しますように、実も同時になります。

こうした、思いが誰かの心に落ちて、それをまた誰かに返して

脈々と繋がっていき、いろんな色の花で囲まれる世界が理想ですね。

いずれにせよ、このご時世に、皆様には、誠に頭が下がる思いであります。

スポンサーサイト
[ 2015/11/26 16:16 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)