ラストスパート切る前に…



紅葉が紅く染まってきました。

今日で11月も終了です。

今年も残すところ一月となりました。

これから忙しくなる12月ですね。

…仏教はどんな教えか?一言で言うのは難しいかもしれませんが

しいて言うなら「反省」だと思います。

自身の過去の悪業は無智(仏の知恵がない)による、貪り、怒りによって

生み出されていたのだという内省の心が大切になるのです。

また、例えどんなに良いことが続いても、それに慢心することなく

内省して、上がった心を整えることも大切です。

良くても、悪くても反省し、心を波のない海の様に穏やかなものに

することが、目標なのです。

我々は、良い悪いで判断しますが、仏の価値観では本来そのどちらもないのです。

ですが、我々は今自分にとって「善、悪」と判断しがちで、それによって

上がったり、下がったりして、穏やかな生活が送れません。

しかし、我々はあくまでも人です。

感情があり、それに一喜一憂することは無理もありません。

ですから、良い出来事があっても、悪い出来事があっても、仏様の前で

全て報告して、自身の心を観ることが大切なのです。

そうすれば、良いことがあっても、「あれを気をつけなければ…」と修正でき

反対に失敗したことがあっても「今度から気をつけよう」「でも、あれは感触がよかったなぁ」

と次につながっていくのです。

「その時」良くても、悪くても、無常の世では、その価値は変動していくので

「これでよし」ということは無いのです。

内省し続けれる事が、不幸を招かない幸せの生き方なのでしょう。

…先ほど申しましたように、今年も残すところ1月となりましたが

今一度内省して、良い出来事に慢心せず、失敗は修正して、ラストスパートを

きりましょう。

終わり良ければ全て良しでは、無いですが、良い年を迎えるためには

今から内省して、そうした「種(因)」を蒔いておきましょう。
スポンサーサイト
[ 2015/11/30 13:29 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)