埋もれても無くなることは無い



葉に埋もれながらも可憐に咲くカンザキアヤメの花。

…我々人間の煩悩が無くならないように、本来誰もが備わっている仏の性質も

どんなに心が煩悩に塗れ、その仏になるための種が埋もれようと、

わかりにくくなることはあっても、決して無くなることはありません。

その種はダイヤモンドよりも固く、滅することは無いのです。

後はいつそれに気づき発芽できるか?ですね。

また、それを妨げるのは他でも無い自分自身であるのです。

それに気づき菩提心を起こしたならば、心を汚していた煩悩が栄養となり

大きな花が咲くのです。

仏教の象徴の蓮華は美しい高原や高い山などに咲かず、汚泥で咲くように

悟りが煩悩とは別に存在してるのではなく、煩悩の上に悟りがあるのです。

つまり、欲が大きければ大きいほど、そこから咲く花は大きいのです。

ですから、煩悩は悟りを得るためには不可欠なのです。

葉に埋もれて咲くカンザキアヤメの花を見て、思った次第であります。

スポンサーサイト
[ 2016/01/15 14:42 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)