いろんな色の花が…



サルスベリの赤。



十月桜の白。



ルリマツリの青。

どれもいい色で、花の形もそれぞれです。

阿弥陀経というお経の中に「青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光」とあります。

これは、浄土にはいろいろな色の蓮の花が咲いていて

それぞれの色の光が放たれていると言います。

ここで言う花の色は我々で言うところの、「個性」に当たると思います。

それぞれが違って当たり前ですので、比べて優劣や善悪など決めつけることは

あるまじきことなのです。

この世界を仏の世界にするのも、しないのも実は自分の心構え次第なのかもしれません。

自分の好き嫌いはあるかもしれませんが、それが絶対ではないのです。
スポンサーサイト
[ 2016/09/12 17:26 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)