小さい秋を見つけました

fc2blog_20160913120600024.jpg

公園の栗がだんだん落ちてきました。

まだまだ暑い日が続きますが、確実に秋は来てますね。

「小さい秋」と言いますように、秋は中々感じにくく

気付いたら「もう冬?!」なんてこともしばしばです。

ですから、楽しむ「気」が無いと中々感じられませんね。

よく「楽しい人生」があると思い込んでいる人がおられますが

そうした人生は無く、人生を楽しむ事が大切になりますね。

そうした心が無いと、楽を求めれば、やがて苦が生まれて

不自由が嫌で、自由(フリー)を求めると、やがて不自由がやってきて

また不自由な檻にはいりこんでしまう。

ですから、楽やフリーを求めるのではなく、更にその上を行き「自在」を

求めることが大切なのです。

自在とは執着から解き放たれた状態の事を言います。

世間では不幸生き方、幸せな生き方などどいった偏った情報がながれていて

時に「自分は不幸では?」と思い込むことがあります。

比較をして、無いものを憂いて、苦しみ、そして何を得ようと努力をしても

やがて、苦がやっていき、永遠に満たされることがありません。

幸せかどうかは、それを決めるのは最終的には自分であります。

他人からどんなに幸せそうに見えても、本人が心穏やかでなければ幸福でありませんし

他人から辛そうだなぁと見えても、当の本人は至って心は穏やかで幸せなこともあります。

他人から、決めつけられる必要は無いし、他人と比較をしても幸福にはなれませんね。

もちろん、自分にとっていいものは取り入れていくことは大切ですが

こうした妄執に囚われていると、比較や偏った情報によって

極端に不幸になったり、反対に有頂天に登るようなアップダウンの激しい精神状態では

決して穏やかとはいえませんね。

その為には、とらわれず、法を拠り所とし、自分を拠り所とし

自由自在に生きていきましょう。

すでに我々は過不足であるということは忘れてはいけませんね。
スポンサーサイト
[ 2016/09/14 12:55 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)