煩悩はエネルギー





アリがこんなところまで蜜を求めて…。

…「欲」と言うものは一般的に悪いものと認識されがちですが

仏教でも煩悩即菩提と言う言葉がありますように、「菩提」つまり悟りを

得る為にも煩悩は大切なものになるのです。

もちろん放ったらかしであったら問題ですが

使い方、向かわせる方向によっては大切な生命エネルギーになるのです。

つまり、物事の起こりや行動の動機が利己的なものでなく

多くの人を楽しませたい、助けたいなどと言う「利他」の心がなければ

なりません。

利己的なものであれば、次第に自他共に災いに巻き込まれていきますが

利他的なものであれば、自他共に大きな利益を得る事ができるのです。

煩悩が悪いのではなく、それを扱う人間が使い方を誤るので結果が悪くなるのです。
スポンサーサイト
[ 2017/06/02 18:02 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)