互いに施し合う





菩提樹の花に蜂が群がっています。

花は蜂に蜜を与え、その代わりに体に花粉を授粉してもらい

遠くまで運んでもらい、繁栄の手助けをします。

誰かの喜びが、誰かの悲しみになるのでは穏やかではありません。

なるべく皆が満たされ、幸せになれる様になれたらいいですね。

‥利益という言葉は企業の利益などお金が儲かった分を一般的に使われますが

実はこれは仏教から来ている言葉でして、

利益は他の人を益するという意味があります。

もちろん、自分の功徳を得る事も大切ですが

それだけでなく、他の幸福も同時に考えなければ

穏やかになりません。

「利益を上げろ!」と会社などで普段使われている

事もあるでしょうが、言い換えればそれは

他の人を益する事であり

利他の心が無ければ利益は上げれません。

それは度外視して、自身の幸福だけを追求すると

周りも不幸に、そして最終的には自分も不幸になるのです。

自利利他円満と申します様に、自分と他の人が幸せになる手段を選択したいものです。

[ 2017/06/12 13:26 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

雨に濡れた紫陽花





雨が続く梅雨は憂鬱ですが

こうした雨に濡れた紫陽花の花が観れるので

嫌いではないです。

何か嫌な事や、苦手な事を工夫して

楽しみを見つける事が大切ですね。

そしたら、自分が気づいてないだけで

好きなことになるかもしれません。

反対に好きだと思っていたことでも

続けていくと嫌なところが見えたりして

嫌いになることもあります。

工夫する事が大切ですね。

[ 2017/06/08 21:56 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

環境の違いによって



紫陽花は土の成分によって花の色が変わります。

アルカリ性が多ければ赤、酸性であれば青に

なるそうです。

環境によって、これだけ違うのですね。

因縁果と言うように、結果は、物事の起こりと

まわりの縁によって成り立っているのです。

我々人間は一人一人、全く同じ環境と言うことは少ないと思います。

ですから、それぞれ違って当然であるのです。

だからこそ、妥協し合うことが、和平を保つ

秘訣でしょう。

和を似て尊しとなす。

皆んなが満足するところまで、折り合いをつけていきたいですね。
[ 2017/06/05 22:22 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

サツキの花が咲き出しました



サツキの花が満開です。

緑の葉との調和が絶妙です。


[ 2017/06/03 19:18 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

煩悩はエネルギー





アリがこんなところまで蜜を求めて…。

…「欲」と言うものは一般的に悪いものと認識されがちですが

仏教でも煩悩即菩提と言う言葉がありますように、「菩提」つまり悟りを

得る為にも煩悩は大切なものになるのです。

もちろん放ったらかしであったら問題ですが

使い方、向かわせる方向によっては大切な生命エネルギーになるのです。

つまり、物事の起こりや行動の動機が利己的なものでなく

多くの人を楽しませたい、助けたいなどと言う「利他」の心がなければ

なりません。

利己的なものであれば、次第に自他共に災いに巻き込まれていきますが

利他的なものであれば、自他共に大きな利益を得る事ができるのです。

煩悩が悪いのではなく、それを扱う人間が使い方を誤るので結果が悪くなるのです。
[ 2017/06/02 18:02 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)